似ている英語表現を解説

似ている英語表現を解説

「静か」を表す quiet, silent の違い

子どもがいつまでもはしゃぎまわっておとなしくしてくれない。お母さんもついに堪忍袋の緒が切れて「静かにしなさい!」と叫んでしまいました。英語ではこのようなとき"Be quiet!"と言いますよね。quietには「静かな」という意味があります。...
似ている英語表現を解説

「保留」を表す suspend, reserve, delay の違い

suspend、reserve、delayは「保留する」を意味していて、判断の時期や物事の状況などで使い分けをします。 suspendは、基本的には一時的に物事を保留する場合に使われます。保留の状態は一時的で、一定期間を過ぎる...
似ている英語表現を解説

「選ぶ」を表す choose, pick, select の違い

choose / select / pickはいずれも「選ぶ」と日本語に訳されますが、微妙にその意味は異なります。意味を知ると使い分けすることができます。 ■choose:2つ以上ある中から慎重に考えて選ぶ。自分の意思や判断で...
似ている英語表現を解説

「思う」を表す think, believe の違い

「思う」の意味で多用される「think」は、強くも弱くも無いニュートラルな思いを伝えられる便利な動詞です。ただ、意見交換の際に「私は、こんな風に思うよ。他の人がどう思っているかはわからないけど」というニュアンスを出す場合、「think」は威...
似ている英語表現を解説

「育てる」を表す grow, raise, bring up の違い

育てるを意味する英単語には使い分けが必要です。植物を育てる時と赤ちゃんを育てる時には使う動詞が違います。
似ている英語表現を解説

「虫」を表す insect, bug, worm の違い

想像するだけで恐ろしい虫ですが、それぞれの特徴によって呼びわけがあります。
似ている英語表現を解説

「必要である」を表す need, want の違い

needとwantの二つの英単語には「~が必要である」という意味がありますがその「必要」という意味には微妙な違いがあるため、使い分けを行うことが出来ます。双方とも相手に思いを伝える意味で使うことには違いはありません。 need...
似ている英語表現を解説

「別の」を表す another, other の意味の違い

混同しやすい英単語によくあがる、anotherとotherについて、もう一度整理しておきましょう。 another - もう1つの、もう一人の、という意味です。「アナザースカイ」というテレビ番組が有名ですが、もう1つの空(世界...
似ている英語表現を解説

「恐怖」を表す fear, scary, horror の違い

ホラー映画のように、怖い映画を見る人も結構いるかと思いますが、この怖いという単語について、英語では幾つかの表現があるため、間違えやすいと言われています。単語の使い方を間違えてしまうと違った意味に捉えられてしまいます。 fear...
似ている英語表現を解説

「トイレ」を表す toilet, bathroom, restroom の違い

あなたは海外旅行中、入ったお店でトイレの場所を聞くとき、"Where is the toilet?"と言っていませんか?もしそうなら、地域によっては知らないうちに恥ずかしい思いをしているかもしれません。ここで地域別に、トイレの言い表し方を確...
タイトルとURLをコピーしました