似ている英語表現を解説

似ている英語表現を解説

「簡単」を表す easy, a little, briefly の違い

「簡単=easy」と覚えていると、うっかり間違えてしまうことがあるので注意が必要です。 Reading English is easy. (英語を読むのは簡単だ) この場合はうまくいっているので問題はありません。 ×I...
似ている英語表現を解説

haveは様々な用途に使われる一般動詞

haveは様々な用途として使われる一般動詞です。前後の文脈、単語からその用途を見分けていかねばなりません。いくつかの例を挙げてみたいと思います。 1.物質として持っているという使い方 He has a gun.(彼は拳銃を持っ...
似ている英語表現を解説

「料金」を表す charge, fee, rate, fare のニュアンスの違い

charge, fee, rate, fareは、いずれも「料金」を指す単語で、区別に迷ってしまいがちですね。各単語のニュアンスには、次のような特徴があります。 chargeには「手数料」や「使用料」という意味合いがあります。つまり、...
似ている英語表現を解説

「通る」を表す walk, pass, carry の違い

walk、pass、carryはいずれも「通る」という意味を持っていて、それぞれの使い方の見分け方を紹介します。 walkは人間が歩いて所定の場所を通過する意味があって、人間がある地点を通過する時に使います。 I walk a...
似ている英語表現を解説

「記憶する」を表すremember, memorizeの違い

「remember」はよく目にする英単語です。一番よく使う意味は「覚えている」です。 ”Yes, I remember that.” 「はい、覚えています」という意味で、一番基本的な使われ方です。「過去にあった事柄を覚えている...
似ている英語表現を解説

「忘れる」を表すforget, leaveの違い

「忘れる」と聞いてまず思い浮かぶ単語は「forget」です。実際よく使います。 I forgot his name. (彼の名前を忘れた) I forgot how to go. (どうやって行くか忘れた) この2種類は正...
似ている英語表現を解説

「教える」を表すteach, tell, showの違い

teach, tell, showは「教える」の意味で、人に対して知っている事などを伝える役割があり、様々な場面で英文の中で使われています。それぞれの英単語が、どのような状況の中で使われているのかを紹介します。 teachは、自分が様...
タイトルとURLをコピーしました