「 英会話の実践に役立つ 」一覧

game changerには全く別の意味がある

game changerには全く別の意味がある

本来game changerという意味は、そのまま利用されるものとなっているので、ゲームを変えることができる人という見方をすることもできます...

記事を読む

嬉しいお誘いがあったらSounds like a planで答えてみよう?

嬉しいお誘いがあったらSounds like a planで答えてみよう?

あなたが英語で食事に誘われたらどう答えますか?Yesでは硬い感じがしますし、OKでは感情が伝わらない感じもします。 そこでネイ...

記事を読む

短い時間の表現「sec」

短い時間の表現「sec」

「sec」は非常に短い時間を表す表現です。second「秒」を省略したかたちです。 A: Wait here, I'll be ba...

記事を読む

ネイティブはあの表現を嫌っている

ネイティブはあの表現を嫌っている

よくドラマなどを見ていると、What?と返しているケースが多くあります。何?という意味を持っている言葉でもありますが、実はかなり失礼とされて...

記事を読む

「こっちこっち!」なOver here

「こっちこっち!」なOver here

「ここ」という英語の単語では「here」という言葉が使われますよね。ですが、英語では色んな表現があります。「(まさに)ここ」という表現は「R...

記事を読む

疑問詞を強調する表現

疑問詞を強調する表現

英語では、疑問詞のあとにこれを強調する表現を置くことがあります。 A: What on earth are you talking a...

記事を読む

本来は違う表現なのに賞賛されるTeriffic

本来は違う表現なのに賞賛されるTeriffic

文章でTerifficが利用されている場合、これは怖いというイメージを持たれてしまう言葉になります。scaryが利用されることが多いのですが...

記事を読む

「~かそれくらい」と言いたい時の便利フレーズ …or something

「~かそれくらい」と言いたい時の便利フレーズ …or something

街を歩いていて、外国人に「駅まで歩いて何分ですか」と聞かれたとき。おおまかに15分くらいかなとは思うけど、正確な数字はわからない。このような...

記事を読む

話が長くなるなら「Blah-blah-blah」

話が長くなるなら「Blah-blah-blah」

よく聞きませんか。海外ドラマなどで色々説明しているとあまりにも時間がかかるので、「~Blah-blah-blah」と言って会話を短縮させる方...

記事を読む

重要じゃないという表現は別にある

重要じゃないという表現は別にある

本来重要ではないことを示す場合、Not that important.を利用することが多いです。重要という意味を示すimportantに、n...

記事を読む

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告