英会話の実践に役立つ

スポンサーリンク
ネイティブがよく使う英語表現

フランス語じゃないけどSorry for my French

イギリスでネイティブが「Fuck」や「Shit」など下品な言葉を使った時、その直後に「Sorry for my French」と言うことがあります。直訳すると「ごめんね、私のフランス語」ですが、別にフランス語を話している訳ではありません。 ...
ネイティブがよく使う英語表現

丁寧に聞こえるas wellを使おう

「~も」という意味をもつ単語はたくさんありますが、皆さん、「too」をよく使っているのではないでしょうか。しかし、ネイティブの英語では「as well」という言葉をよく耳にします。 A.Do you need it? (あれ...
ネイティブがよく使う英語表現

確信を述べる表現「I bet」

「I bet」は「私は賭ける」という意味で、確信を持っていることを表現するのによく使われます。口語的な表現です。 A: I hear someone coming.(誰かがこっちに来る) B: I bet anything it...
ネイティブがよく使う英語表現

ネイティブがよく口にする「You know what?」の意味とは?

海外ドラマを英語音声で見ていたり、親しくなった英語ネイティブの友人と話していたりすると、よく耳にする「You know what?」。これは、くだけた会話の中で使う、「あのね」とか「ちょっと聞いて」というような意味です。 会話...
ネイティブがよく使う英語表現

寝るという言葉はHit the sackになってしまう?

本来寝るねという言葉を利用するならI'll sleepという言葉を利用することが多いかもしれません。しかしネイティブの中には、こうした言葉を利用していない人もいます。Hit the sackという言葉があり、これを利用しても寝るという意味に...
ネイティブがよく使う英語表現

選択を迫るときに利用されるIt’s up to you.

どのような選択をさせるのか、相手の方に決めさせる場合、It's up to you.という表現を利用することになります。ネイティブの方は、あなた次第というこの表現をよく利用しており、2つの選択肢があるときにどちらを選ぶのか決める際に、この表...
ネイティブがよく使う英語表現

共感した時に使うI know where you’re coming from

ネイティブに相談事をしたりするとI know where you’re coming from.と返ってくることがあります。 直訳だと「あなたはどこからきたのか(どこ出身か)知っています」のようになりますが、会話の途中でいきなりそんな事は...
ネイティブがよく使う英語表現

Wait a minute以外の「待って」の表現

待ってほしい時に英語で何と言いますか。「Wait a minute」という言葉を頭に浮かべた方が多いかと思います。ですが、実はこの表現は歌などでは使いますが、口語ではあまり耳にしません。よく使われる言葉は、「Hold on」です。 ...
ネイティブがよく使う英語表現

hundred percentで強調表現

「hundred percent」は「100パーセント」という意味です。「完全に」「絶対に」という感じで使われることがあります。日本語でもこういう使い方をしますね。 A: Don't you think Ben deserves a...
ネイティブがよく使う英語表現

Howdy(ハウディ)と言われたら?

欧米では時折、Howdy(ハウディ)という挨拶言葉が使われるのを耳にします。とても言いやすい言葉で、口元も楽しい。あるアメリカの大学ではキャンパスの公式挨拶としても採用されているほど。イギリス発祥の言葉だが、アメリカでも広く普及していて、年...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました