英単語を脳裏に焼き付ける方法

英単語を覚えようと思ったときに日本人がやってしまいがちなのが、漢字を覚えるのと同じ方法を取ってしまうことです。学生さんや身に覚えがあるかたも多いでしょうが、ゼロから新しい英単語を覚えようとしたときにまずその単語を書きまくったり、単語帳を使って日本語の意味と照らし合わせて英単語を丸暗記しようとします。そうすることでとりあえずスペルだけ覚える、日本語訳だけに拘ってしまうという、非常に効率の悪いやりかたで学習ようとしてしまうのです。
紙に解答を書くだけのテストの点数を取るのにはこの方法でもいいかもしれませんが、身につけて英会話に使用しようと思ったときに状況に応じて反射的に言葉が出るのではなく、いちいち日本語の意味を考えてから英単語を引き出すという面倒な考えかたしかできなくなってしまうのです。
初歩的な英会話に必要な英単語数はそれほど多くはありません。新しい単語を覚えるためには正確なスペルや発音がひとまず後回しにしておいて、何となくの字面と何となくの発音を感覚で把握していくことから始めていくことをおすすめします。英単語のスペルには規則性があって、たくさんの英単語を覚えることで後からそれがだんだんと判ってきます。ですので最初に書いて覚えていくよりも、とにかく語彙量を増加させていってから正確なスペルを覚えるのが効率的です。
英語の発音も最初はカタカナ英語で構いません。このときに気をつけたいのは、単語を覚えるときにその単語を使うことになる状況も一緒に考えていくことです。いろいろなものに触れながら条件付けて、日常的にいろいろな状況を英単語に変換しながら復習していくと、反復しながらたくさんの単語を覚えていくことができます。
後は声に出すことです。書くよりも早く身につきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする