英会話マスターへの早道!英会話上達には語順感覚がもっとも重要!

もし、あなたが英語の専門家になりたいなら話は変わってきますが、ネイティブのような英会話ができるようになるだけなら、英文法を勉強する必要はないでしょう。

日本の英語教育では英文法の勉強に力を入れていますので、英文法を必死で勉強している人が多いようです。ですが、S+V+O+Cといったような堅苦しい考え方をする必要はないのです。

はっきり言って、英会話とは誰でもマスターできる位簡単だと言ってもいいくらいです。そのカギとなるのが違和感を身に着けること。

次の例文を見てみましょう。
I will do my best.
I will do best my.
この2つの例文を日本語に訳しますと、一生懸命がんばります・・となるでしょうが、この2つの例文に何か違和感を感じませんか?ちょっとでも英語の勉強をしたことがある人なら、後のbest myという語順が間違っているのに気付くはず。

もっと簡単な例で説明してみますと、日本語でもよく使われる言葉にThank youという言葉がありますが、これをひっくり返してYou Thankと使ったとします。

たぶん、すごく違和感を感じるか、もしかして新しい言葉なのではないか?と思ってしまうでしょう。文法において大切なことは、この違和感なのです。さらに、文法とは基本語順です。この語順感覚を身に着けることこそが、英会話を話せるようになるための文法の役割なのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加