英語の授業で教えてくれないイギリス英語

イギリスで常日頃から使われている言葉「Cheers!」という単語。一般的に知られている「Cheers!」の意味は「乾杯!」ですが、実はイギリスでは意外なところで頻繁に使われています。

友達とのカジュアルな会話でよく出てくるこの「Cheers」ですが、

  • A:Here is your ticket for you. (これ、あなたのチケット)
  • B:Cheers!(ありがと!)

そう、Thank youと同じ意味なんです。

  • B:Thanks, cheers! (どうもありがとね!)

という感じで、Thanksと一緒につかったりもします

カジュアルに使えるCheersですが、ホテルのチェックインなどでも、宿泊客がホテルのスタッフに使ったりもします。逆に、ホテルのスタッフが宿泊客に使うと、フランク過ぎることもあるので、ホテルのレベルによっては注意が必要です。

また、普段からあまり顔を合わせない上司に向かっては、極力使わない方が良いかもしれませんね。バーなどではバースタッフもお客さんに使っていますよ。「乾杯」だけではない使い方もしてみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする