これは確実じゃないときに利用するUp in the air

本来不確実だという表現を利用する場合、uncertainという単語を利用した言葉を利用することがあります。

  • But things are uncertain

というのは、物事が不確実であることを示すための言葉になりますが、こうした方法を利用している人は実は多くありません。ネイティブの方は、より楽な方法を利用します。
Up in the airというのは、同じような意味を持っているネイティブらしい言葉の1つとなっています。なぜこのようなものを利用するのかは、空に浮かんでいるものが確実なものではないと考えられており、まだ決まっていないと言う話をするときには、こちらを利用するケースが多いのです。

  • It was decided where to go?

という質問に対して、

  • Not exactly,Up in the air.

のような使い方をすることもあります。決まっていないと言う場合は、空に例えて利用するのが一般的です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする