放置するときの表現「Leave it be」

学校英語では、原形不定詞をとるのは使役を表す動詞(make, have, let)と知覚動詞(see, hear, feelなど)、helpだけだと習います。

しかし、実際の英語では必ずしもそうではありません。「Leave it be」のように、leaveが原形不定詞をとる場合があります

  • A: Leave it be. Let us go.(放っておこうよ。行こう)
  • B: We can’t do. He’s shivering with cold.(できないわ。寒さで震えているもの)

捨て猫(オス)を見つけた場面です。猫を放置しようというAと、見捨てられないBが会話しています。ふたりの気持ちの違いは、猫を指す代名詞にも表れています(Aはitで、Bはheを使用)。

  • A: Leave me be.(放っておいてくれよ)
  • B: I can’t do. Because we’re family.(ムリよ、だって家族だもの)

it以外にもmeも使われます。落ち込んでいるAと励まそうとするBの会話です。

ただ、leaveがどんな原形不定詞もとるかというと、そうではありません。be動詞以外の例はあまり見かけません

通常の動詞はto不定詞となります。

  • A: Leave the bean to soak overnight(豆を一晩、水につけておいて)
  • B: OK.(わかった)

leaveは目的語の後に不定詞以外にも形容詞や副詞、分詞、前置詞句をとることができます。たとえば、

  • leave it to me(私に任せて)
  • leave me alone(ひとりにして)

があります。ぜひ使いこなしたい動詞です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加