文法とヒヤリングをバランスよくセットで

英語を始めようという時に一番大事なのは何といっても、英語を少しでもマスターできることでどんなに楽しいことがあるかをイメージすること、させることです。特に一昔前の中学からスタートする詰込み型の英語教育が悪い例です。今のように小学校のころからネイティブの講師とコミュニケーションをとることからスタートすることが英語教育にとっては嫌にさせない、嫌にならないために一番です。こうしてコミュニケーション、つまりはヒヤリングの第一歩を踏み出すことが小学生だけではなく、大人でも英語初心者にとっては非常に重要なことです。こうして英語が身近にそしてコミュニケーションが楽しいという意識が生まれれば、次にどうしても待ち受ける英単語を覚える、文法を覚えるということに対して抵抗もなく、すんなり入っていけるのではないかと思います。

そして、英語初心者には中学英語、英検3級レベルとまずは目標にして勉強をスタートしてみることがよかろうかと思います。毎日の英単語学習、文法の学習、そして英語でのコミュニケーションが伴うことで1年頑張ることで英検3級をマスターすることができるでしょう。そして、そのレベルに至れば英語初心者どころか次のステップにまで至る準備ができたといえるのではないかと思います。文法では発展的な不定詞や関係代名詞をマスター、そしてヒヤリングも英語のニュースとレベルをあげていくことがスムーズにできるようになっていると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加