英語初心者は使いまわしができる短いフレーズから

近年は子供や学生、社会人まで英語を学んでいる方が増えていますが、途中で挫折してしまったり、飽きてしまう方も多いと聞きます。理由は色々考えられますが、まず、初心者が途中で挫折してしまうのは基礎がしっかり身についていない理由も考えられます。
頭では理解していても実際には理解していなかったということもありますし、まずは使いまわしができる短いセンテンスから覚えていくのが効果的です。意外と短いセンテンスをいくつか覚えておくだけでも外国人と会話は成り立ちますし、難しく考える必要もないのです。
例えば、今はものがたくさんあり、すべての単語を覚えていくのは時間も掛かります。しかし、これ下さいという時に使えるのがthisです。thisの他にもthatも使えますし、難しい固有名詞の単語に置き換えられ便利な指示語です。
また、接続詞を使うと一文が長くなってしまい、覚えるのに時間が掛かります。しかし、接続詞を使わずに一文を短くすると簡単に覚えられます。
ですから、まずは使えそうな簡単なフレーズをどんどん覚えていくのがお勧めです。一文が短いと複雑に考えることもありませんし、初心者が長いフレーズや複雑なフレーズを覚えようとするから途中で挫折してしまったり、飽きてしまうのです。これでは英語を学んでいても楽しく感じることはないでしょう。
英語を学習している時に楽しいと感じないとよっぽど根性がない限り、初心者が続けるのは難しいといえます。続けていくのが難しいと感じるのなら、次の展開がワクワクするストーリー性のある教材や音楽の効果で学んでいく教材を活用してみるのもお勧めです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加