目的に合わせた英単語の覚え方

英単語を覚える時、それを何のために覚えようとしているかという点が重要です。
試験のために一つでも多くの英単語を習得しなければならないというのなら、機械的に覚えていくのが一番です。ノートとペンを使用したスペル練習に加え、単語帳を使用し繰り返し単語とその意味を結び付けて頭の中に叩き込むというシンプルな行動が、必ずや実を結ぶことでしょう。
この覚え方で注意すべきポイントは、ずばり集中です。学習以外の他のことに気をとられていたり、睡魔に襲われていたりする状況では、いくら反復練習を繰り返しても意味がないということをよくよく理解しておいてください。学習の最中に突如集中が切れるなら、それは記憶の容量が限界を迎えている合図です。
試験関係なく、純粋に英語力を上げるために英単語の習得が必要なのだという時には、英文読解の過程で英単語の学習を目指すと良い形で知識を増やすことができます。映画に本に歌、媒体は何でも構いません。興味のある英文の内容を知るために、辞書を活用しながら英単語の翻訳を進めつつ、正しい読解に努めてください。
文章の流れで覚えた英単語は、使用法を知っている英単語として、自らの英語力を支えてくれます。英単語単体としてではなく、英文を形作る一つのピースとしてそれは確立し、他者の英語を理解する時や自ら英語を話す時、コミュニケーションの幅を広げてくれることでしょう。
辞書を引く際、綴りまで覚えるように努めたり、様々な媒体に手を出して幅広く単語を求めていくと、より完全な形で英単語が習得できます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする