日本語読みで覚えよう!

私が英単語を覚えたやり方は、ペラペラに話せるようになるという方法ではありませんが、私はこれで覚えました。
とりあえず、英語を日本語読み(ローマ字読み)にして覚えていました。
例えばbaseball(ベースボール)では、「バセバ11」と覚えるように、なんとなくで日本語読みに直していました。
そうすれば単語を言うときにもスラスラ出てきて、書くのもかなり楽になりました。
他には、guitar(ギター)などは無理やり「グイタラ」として読んでいたりしました。
英単語をネイティブな発音で覚えるのはとても無理があると思ったのでこのようなやり方にしました。
knife(ナイフ)なども「ケニフェ」として覚えたり、日本語により近づくようにして覚えていました。
こうすると、学校の筆記試験の英単語の問題などは簡単に覚えることができました。
発音で覚えよう、スペルを覚えようなどとすると、上のknifeのように、「k」を忘れてしまったり、「k」でこんがらがったりすることがあります。
ですので、このように日本語で無理やり読んでみる方がいいと思います。
実際に外国人などは、日本語の下に、ローマ字などで読み方を書いて覚えます。
日本人は、英語の読み方を、発音や難しい発音記号などで表すのでとても覚えにくいと思います。
そして英語が楽しくなってきたら、実際に海外などで留学して、ネイティブな発音を覚えるのがいいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加