まずは下積みから始めるのがやりやすい

翻訳者になるための方法と言っても様々な方法があります。一番わかりやすい方法が、翻訳の専門会社に所属し、企業の一員として仕事をする事です。
この場合は会社から任せられる仕事を中心に作業を進める事になり、会社内部でのコミュニケーションをとりながら仕事が出来るのが大きなメリットです。
また、フリーランスと違って営業や仕事を探しにあちこちの情報サイトを見に行くなどの手間が省け、給料も安定しやすいのもポイントです。
一方で、納期や出社時間などがハードルになる人が多く、効率の良い翻訳方法を身に着けていく必要があります。また、業務の専門性が高い事から会社の数が少なく、就職先を探すのが難しい、会社が見つかっても競争倍率が高いと言った悩みにもぶつかりがちになるのです。
また、就職の際に翻訳の実務経験を求められる事も多く、どこで実務ケ池を積むか自体が問題になる事もあります。
一番わかりやすい翻訳の仕事は、単発の仕事を含んだ下受けです。翻訳の仕事をアウトソーシングする企業も多く、アウトソーシングやマッチングサイト経由で仕事が見つかる事も多いのです。
最初は勝手が掴みづらい分単価も低いものを選びがちですが、慣れてくれば固定客をつかむことや、仕事の単価を上げていくことも可能となります。
収入と実績が増えたのであれば、後はフリーランスで仕事をしていくか、就職するかなど、様々な選択肢を取れるようになっているのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする