英会話で重要だと感じた事

英会話の教材はたくさんあり英語力を上げる為に役立つ情報も様々です。実際に会話してみて思う事は外国人とコミュニケーションをとるのに英語力はそこまで重要ではないという事です。

日本人は真面目で完璧主義なところがあり、ある程度自分に力がついてからじゃないと会話はできないと思いがちで私もそう思っていました。しかし、日本人は英語が苦手という認識を持っている外国人がかなり多い為、こちらが上手に喋れなくても相手はそれほど気にしていないのです。私はあなたと話したい・仲良くなりたい、という気持ち見せる事が大切で無理に文章にしなくても単語を並べるだけである程度は伝わります

気持ちが伝われば相手もこちらの言っている事を理解しようと努めてくれます。チグハグな英語でも恥ずかしいと思わずに笑顔で堂々と大きな声で言い、言葉だけでなく体全体での表現を意識すると尚伝わりやすいです。

積極性がなければどれだけ英語力を持っていても会話は弾みませんし、英会話を習いながら参考書等で勉強する形は土台作りにベストだと思いますがなかなか継続するのも大変なので、まずはオンライン英会話や外国人がよく通っているお店に足を運んでみる事をオススメします。

ネイティブな英語に多く触れる事で会話に必要な言い回しをそのまま覚える事が可能です。例えば会話の際にこちらが単語等で一生懸命伝えようとしていると相手側から、こういう事?と聞いてくれたり教えてくれる事が多いです。そうしたら次からはその言葉をそのまま真似して使う事もできますし、より自然な発音が出来るようになってくると思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加