「前」を表す before, in front of の違い

何かの前という文章を作りたいとき、beforeが利用されることが多いです。before afterと言えば、前と後を示す言葉としてよく利用されているのですが、実は別の言い方も存在します。in front ofという言葉も、同じように前という意味を持っており、この2つは間違えてはいけない単語です。

beforeは、時間軸での前を示す言葉として利用されている言葉です。

  • This happend before, thank you.

のように、時間軸で以前という言葉を示すなら、普通にbeforeを利用しておけばいいのです。

しかし場所を表す場合は使えない単語で、その場合はin front ofを利用することになります。

  • There is a wall in front of that gate.

のように、~の前に何かがあるという物理的なものを示すときには、in front ofが採用されます

時間での前はbefore、物理で前に存在している場合はin front ofと覚えておけばいいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加