本日のオモシロ英語”Pungency”

6446534_pungency

今回、私が紹介したいのは、あの有名な午後の紅茶シリーズの一つである「午後の紅茶Pungency(パンジェンシー)」です。

この”pungency”という言葉には二通りの意味があり、一つは鋭い、辛辣、絡みなどを意味し、二つ目の意味は強烈な匂いや味の特性を示す言葉でもあります。この名前をこの紅茶シリーズの一つの商品に付けた、ということは恐らく前者の意味で使用しているように感じます。

要するに「鋭い味」という位置づけなのでしょう。しかし、後者の「強烈な匂いや味」という意味も持っているので、ネイティブの人がぱっと見た時にどうしても良いイメージは持てないと思います。”Pungency”という言葉があまり日本で浸透していないため、高級感を出そうとして付けた名前なのかもしれませんが、マスタードやワサビなどを表現する時に使うような「強烈」な表現でもあるので商品名にするのは避けた方が良かったのかもしれません。

The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加