日本人には難易度が高い「æ」の発音をマスターする方法!

英語の発音をよくするには、恥ずかしがらずにオープンマインドに「話す、伝える」のがいちばんです。
日本人はシャイなため、英語の発音や発声に大事なイントネーションが地味になって平坦で単調になりやすいのがネックです。
じぶんでは頑張っているつもりでもネイティブからするとぜんぜん不出来ということは珍しくありません。
オーバーすぎるくらいオーバーでちょうどよかったりするほどなので照れを捨てて、失敗を恐れずに堂々と発音しましょう。
また、じぶんの耳で確認するじぶんの発声と、空気を伝わって相手の耳に届く発声にはおおきなギャップが必ずあるので、録音機器を活用してじぶんの発声をチェックしたり、可能であれば録画して口をしっかり動かせているかどうかを客観視するのがおすすめです。

そして大事なのが間違えやすい発音を「知り、気をつける」ことです。
例えば「くっつける」という意味の『bond』と、「演奏をするグループ」という意味の『band』は混同しやすいですが、それぞれ「bɑnd」「bænd」と発音記号が違うので発声はまったく異なります。
「æ」の発音は日本人にとって難易度が高い発音の代表のひとつです。「ア」と「エ」を同時に発音するのですが、ただ同時だと口がすぼみがちですから、比重は「エ」におきます。
ピエロやスマイルマークの口角をイメージして、唇の端を指で引っ張りながら「エ」の口の形をしっかりつくり「ア」と発音する練習をすると上達します。
※わかりやすく分けると、「ボンド」は「バンド」、「バンド」は「ベアンド」に近いといえます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加