英語の発音を上手くするにはどうすればいいか

英語の発音を上手くするにはどうすればいいのでしょうか?
日本語と英語では音が基本的に違っていることを、英語の発音を上手くするためには理解することが必要です。
簡単に思えるかもしれませんが、音の中には日本人のほとんどが発音を正しくできていないものもあります。
ここでは、Lの発音方法とRの発音方法についてご紹介しましょう。
まず、Lを発音する場合には、舌の位置をラリルレロと日本語で発音する際にチェックしてみましょう。
口の上の部分の少し前付近に舌があるでしょう。
Lを発音する場合には、さらに舌を前の方にして、前歯あるいは歯茎の後ろ付近に舌をつけるようにしましょう。
ラリルレロと、この位置に舌をしながら発音するとLの音になります。
次に、Rを発音する場合には、舌をラリルレロと日本語で発音したままで、奥に全体の舌を引き込みます。
このRを発音する場合には、巻き舌にならないように注意することが必要です。
英語でRを発音する場合は巻き舌であるとよく考えて、舌をやたらに巻くような場合がありますが、これは自然ではありません。
Rを発音する場合は、普通に日本語で発音をラーとした状態で、舌の高さを維持しながら苦しくないくらいに全体の舌を奥に引っ込めます。
Rを発音する場合は、奥にこの全体の舌を引っ込める、ということがポイントです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする