イギリスでネイティブがよく使う言葉

「Go for it!」はイギリス人がよく使う英語表現です。職場でも、友達同士でも気軽に使える言葉です。直接の意味は「やってみなよ」という感じです。

使い方としては、

  • A : Looks nice your cake(あなたのケーキ美味しそうだね)
  • B : Go for it!(食べてみなよ)

「試してごらん」「良いよ」というようなニュアンスになります

  • B : Go for it!Try it!(食べてみなよ、美味しいよ)

Go for it!自体で「試してみなよ」という意味がありますが、繰り返しTry it!でより勧めることもできます。重複した表現になりますが、全く問題ありません。

もちろん、食べ物だけに使うのではなく、

  • A:I can’t decide whether I should try or not(するべきかどうか悩んでる)
  • B:Go for it!It’s worth it(やってごらんよ、試す価値はあるよ)

友達が相談してきた時などに、背中を押してあげる気持ちで言ってあげると良いですね。「応援してるよ」という意味を込めて相手に伝えると良いでしょう。勧めた後に追加で、サポートしている旨を表現できるとより良いアドバイスができます

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加