決断を迫るときに利用するIt’s time to

色々な決断を早めに決めることは、ネイティブの場合でも同じこととなっています。そうした決断を迫るときに利用する言葉として、It’s time to~という使い方をするケースがあります。これによって、その時が来たという言い方をすることができるようになり、そろそろ決めたほうがいいのではないかと考えてもらえるようになります。

  • It is time to decide soon to buy.

のように、そろそろ決断を下すときに利用するケースが多いです。これによって、これ以上の猶予は無いことを示し、決断を下してもらえるようになります

  • It is time to return the money.(おかねを返すときが来た)

のように、ほぼ猶予がない場合でも利用されるので、色々な案件で期限が決められているときは注意してください。

決断を迫られるので、それまでに全て考えておくことも重要になってきます。できる限り使われないようにしたい言葉の1つです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加