英文法を覚える為に効果的な勉強方法とは

英文法はその時の文章の流れにより回答が千差万別で、単語や熟語の様に暗記するという訳にはいきません。
そこでどうしても英文法の問題集が頼りになります。
だいたい受験に出そうな英文法は問題集に網羅してあります。
問題集の解き方は、一度解いてできなかった部分にマークをつけておき翌日もう一度解いてみる、を繰り返すのが一番効果的です。
この時、問題集に直接書きこむ人がいますが、なるべくノートに転記して自筆で勉強した方が良く覚えられます。
やり直しが多いと一冊の問題集を終えるまでに時間がかかりますが、終わった時には確実に実力がついています。
モチベーションを高める為にも薄めの問題集を次々とクリアしていった方が良いでしょう。

英文法の問題集には必ず日本語で解説が書いてあります。
文法が苦手な人の中にはその解説の意味が分からないけれど何となく納得してしまっている場合があります。
例えば「自動詞」と「他動詞」の意味や「関係副詞」と「関係代名詞」の違いはしっかりと把握しておかないと何度も同じ間違いを繰り返します。
英文法を覚える前に英文法用語をマスターしておきましょう。

会話をする際には文法は殆ど関係ありません、しかし試験対策としてどうしても英文法は必要となります。
面倒だからこそ毎日隙間時間を見つけて問題集を1章ずつこなしていきましょう。
解説を読んでもあまり理解できないと思ったら、解答の文章ごと何度も声に出して繰り返して覚えてしまいます。
本番で似た様な文章があれば芋づる式に解答が思い浮かぶ様になります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする