イベントをフル活用して英語ネイティブと仲良くなる方法

英語の勉強は中学生の頃から始まりますが、筆記の勉強ばかりで実際に外国人と英語でコミュニケーションを取る機会は少ないというのが現状です。しかし情報収集して在日外国人の行動パターンさえわかれば外国人と仲良くなることはそう難しくはありません。日本にいる外国人の行動パターンとして見られるのは、ずばりイベント好きということです。ちょっとした外国人パーティー・異文化交流イベントなどがあるとすぐに参加したがるのです。ですから私達日本人もそのような外人が参加するイベントに乗り込めばすぐに打ち解けて友達になることができます。また外人がイベント情報を収集する方法もパターンがあります。”tokyo weekend party”などのキーワードでgoogle検索すればすぐにパーティーイベントは見つけることができます。パーティーなどに抵抗がある人は、市や街が主催する交流フェスタに参加するのがオススメです。その国に特化した食事を出すイベントなどは特に人気です。見知らぬ外国人に会うのが不安な方でも安心です。
また今は、”meetup”という外国人同士が集まるイベントサイトが流行っており、このサイトを活用すると外国人と出会いやすくなります。meetupでは基本的に同じ趣味を持つ者同士で集まるので話題にも事欠きません。また他に外人が利用するサイトとしてはcraiglistが挙げられます。craiglistというサイトには東京バージョンもあり、外人はよくこのサイトで情報収集を行っています。たまにこのcraiglistの掲示板で一緒に遊びに行く仲間を募集していることもあります。こまめに掲示板等をチェックすれば個人的に会って一緒に出かけることもできます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加