飽きないコツは検定試験を受けること

一番おすすめなのはNHKラジオの英語番組です。実力に合わせて選べるようになっていて、真面目に続けることさえできればかなり実力が付くと思います。そう考える人は多いようで、4月にはよく売れるテキストが、5月にはがくっと減るそうなのでやはり続かないのでしょうね。
続けるには記録することです。手帳でもノートでも、その日に英語の勉強に使った時間を書き留めます。電車の中で20分英語ニュースを聞いた、帰宅後ペーパーバックを30分読んだなど、内容と時間を書きます。すると自分では勉強しているつもりでも実際には勉強と称して洋画しか見ていないとか、読むことだけでリスニングやしゃべるほうはおろそかになっているなど、勉強法の偏りも発見できます。読む、書く、聴く、話すを、できるだけまんべんなく鍛えられるようにしましょう。毎日、全部の種類の勉強をするのは無理なので、平日は聴くだけ、週末には読むことと話すこと、というように都合に応じて変化をつけたらいいですね。
それでもそのうち飽きてきます。仕事や他のことで忙しくなるとどうでもよくなり、わざわざ英語のために時間を取ることができなくなってしまいます。それを防ぐために、何でもいいので検定試験を受けましょう。英検でもいいし、TOEICもおすすめです。受けるたびに点数が上がると励みにもなります。下がるとサボったことを反省して、もっと頑張ろうという気になるのです。
昔、NHKラジオのビジネス英語の講師をされていた方が、英語学習が続けられる人はよほど英語が好きな人か、必要に迫られている人の二種類だと言っていました。うまく自分の気持ちを乗せるようにして続けられるといいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加