ネイティブは怖くない!緊張を解くたった一つの方法

20151218190302

日本人はどうしてもネイティブと対面すると緊張するものです。ネイティブと英会話を始めたくても二の足を踏んでしまう大きな理由は、「ネイティブと対面するのは怖い」というものではないでしょうか。何故怖いと感じるかは人によってそれぞれで、

「もし自分の言いたいことが伝わらなかったら・・・」

「自分の英語を笑われたらどうしよう・・・」

「相手が自分よりも大きくて怖い・・・」

他にも色々あるかもしれません。中には「ネイティブは堂々としているので気が引ける」と思う人もいるかもしれません。

■ネイティブだって緊張している

20151218190310

でも一見涼しい顔をしているように見えるネイティブだって、初対面の相手には緊張するものです。文化的な違いや外見的な違いで、緊張していないように見えるだけで、実際は「この人はどんな人だろう」とか「もし怖い人で、失礼なことを言ったらどうしよう」とか、あれこれ考えているのです。

日本人はどうしても「ネイティブは自分たちとは異なる精神構造を持っている」という思い込みをしがちです。ですが、彼らも私たち日本人も精神構造は変わりません。

■緊張を解く方法

20151218190316

しかし、だからと言ってネイティブと話す時の緊張がなくなるわけではありません。そういうときはどうすればよいのでしょうか?

それは、ネイティブとの共通の話題をその場で見つけることです。コーヒーショップで会うのなら「コーヒーはよく飲むの?」「この店はよく来る?」でもいいですし、居酒屋で会うのなら「ここは初めて?」「先に好きなもの選んでいいよ」でも構いません。居酒屋なら先に料理を選ばせて、相手の好みを知り、話題にするのもよいでしょう。そうやって会話を弾ませていくことができます。

これを読んで、「そんなことは普通だ」とか「初めて会った日本人相手でも同じだな」と思えば、しめたもの。実は相手との共通点を話題にすることは万国共通なのですが、前述の通り、日本人はどうしても「ネイティブは自分たちと違う」と思ってしまうため、別な方法をとってしまいがちです。文化的な違いはあれど、人間として感じるものは当然同じなので、「ネイティブだって自分たちと同じだ」という気持ちで接してみて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Welcome より:

    Finding this post has anweresd my prayers

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です