翻訳者にとって必要なスキルとはいったい?!

翻訳者になるのに必要となるスキルとは、翻訳者としての語学力や翻訳力だけでなく、次のようなものがあります。
自己管理能力や情報収集力だけでなく、ビジネスマナーや人脈の確保も重要でしょう。
翻訳者として働く場合、仕事量の調整も自分で行う必要があり、そのためどの程度のペースで仕事がこなせるのかを把握し、考慮したスケジュール管理ができないと務まりません。
体調を崩さないよう、体調管理を含めた自己管理能力は、かなり重要ポイントとなります。
もし、フリーで翻訳者の仕事をする場合は、仕事の受注や交渉ごとも自分自身で行う必要があります。
パソコンでやりとりすることもあるでしょうが、実際に会って打ち合わせや交渉をする場合もあり、失礼のないよう、基本的なビジネスマナーくらいは身に着けておきたいものです。
フリーランスの場合は、営業活動や交渉ごとも自分で行う必要もあり、仕事量や料金は一定ではなく、経験やキャリアによって決まりますので、新規の会社に自分を売り込んだり、実績をアピールすることで適正な報酬をもらえるよう努力することも重要でしょう。
フリーの場合には、基本的に自分だけで仕事をするので、相談したくても上司や同僚はいません。
もし、行き詰った時に気軽に相談できる人や、情報交換できる人を見つけておくことも大切でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする