翻訳家になるために必要なこと

翻訳家になるための資格は特にありませんが、一般的に英語であれば英検1級、TOEC900点台の語学力が必要とされています。
また、社団法人日本翻訳協会が主催するJTA公認翻訳専門職資格試験に合格していると、就職や仕事に有利に働くことがあります。

その他翻訳家になるためのスクールなどもありますが、独学で翻訳家になったという人は多くいます。

実際に翻訳家になるために必要なことは何なのでしょうか?

翻訳という仕事は、単に英語などの外国語が理解できればできるという仕事ではありません。
もちろん語学は出来たほうが良いのですが、翻訳をしていくためには、高い日本語の読解力も必要です。
日本語には色々な言い回しや表現があるので英語を日本語に翻訳する過程では、英語には無い日本語の微妙なニュアンスなどを読み取って翻訳する必要があります。
また、学術書などの専門書などではの高度な専門知識が必要となります。

翻訳家になるためには、外国語が好きなのはもちろんですが、それだけではなく日本語の表現力の能力も磨いていく事も大切です。
また、自分ならではの得意な分野や専門知識などを持っていたほうが、翻訳家になるためには有利かも知れません。
翻訳家の仕事は、血道にコツコツと仕事を継続していかなくてはならないものなので、忍耐力も必要になってきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加