翻訳者になるには日本語能力は必須

翻訳者になるには、勉強する必要はないと言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、必要ないことにはリスニングがあります。
翻訳者とは、基本的には読み書き中心の仕事ですので、英語を聞いて理解する能力はあまり必要ないでしょう。
私が過去に行った仕事では、リスニングを必要とした仕事は数件程度でした。
それも、仕事を頼まれた際に、リスニングがあるば大丈夫かと確認され、大丈夫だと返事をしたので頼まれた仕事でした。
なので、リスニングが必要な仕事はほとんどありませんし、そういう仕事は断ればいいので、翻訳者になるのにリスニング力は不必要でしょう。
読み書きができれば翻訳の仕事は出来ますので、英語で話す能力もいりません。
スピーキングの勉強をする時間がある位なら、英文法を勉強した方が役立つでしょう。
当然ですが、発音の練習も時間のむだでしょう。
では、勉強するべきことですが、英語から日本語に翻訳する場合も、日本語から英語に翻訳する場合でも、高い日本語能力が必要でしょう。
この日本語能力ですが、漢字や熟語をどの程度知っているかではなく、筆者の意図を正しく理解し、分かりやすい日本語で表現できる能力を言います。
なので、英語がたとえペラペラであっても、日本語能力が低ければ、翻訳者にはなれないでしょう。
ただし、平均的な日本人であれば、翻訳者の仕事に必要となる日本語能力を身に着けることは可能なので、あまり心配する必要もなさそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加