通訳になるためにはどうすればいいの?

通訳になるためには、高い語学力が必要ですが、語学ができるからと言って、すぐに通訳になれるわけではありません。
例えば、自分の感じていることや、意見などを英語で表わすことと、人の意見を聞きとり、言葉に置き換えて表現するのは違ったスキルがいりますよね。
なので、語学力の他に通訳スキルを身に着ける必要があるのです。
一般的に、通訳として仕事をするためには、通訳エージェントに登録し、仕事の紹介を受ける必要があります。
この通訳エージェントでは登録の際にもちろん、スキルチェックが行われ、自分のスキルに合った通訳の仕事を紹介されます。
また、通訳は友人や知人、勤めていた会社などから直接依頼されることもあるので、日ごろの人脈作りが大切でしょう。
エージェント経由であっても、直接依頼される場合であっても、一つ一つの仕事を大事にして、クライアントから次もあなたにお願いしたい・・と言ってもらえるようにすることが重要でしょう。
実際には独学のみで通訳になった人もいるでしょうが、ほとんどの人は通訳学校に通い、専門的な通訳になるためのトレーニングを積んでからなっているようです。
独学で勉強するより、学校で勉強した方が効果的に学べるからです。
ただ、通訳学校に行けば必ず通訳になれるとういうものではありません。
通訳学校というのは勉強のノウハウを学べるところで、学校の課題などに積極的に取り組んで、学校以外の時間にもトレーニングを行うことが大切でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする