日本人のカタカナ英語と促音

日本人の英語はカタカナ英語で何を言っているかよくわからないと言われてしまい、日頃からカタカナ表記の英語に触れる機会が多い為そういった単語は無意識のうちにカタカナ英語になってしまいます。

例えばブレッドはブレェド、コーヒーはカゥフィとネイティブは発音しますが、日本人は普段使ってるままに発音してしまいます。英会話にそこそこ慣れていてもネイティブスピーカーと会話しているとカタカナ英語を喋ってしまい聞き返される事があるのですが、初心者の方は全てがカタカナ英語となってしまっている可能性が高いです。それではいくら知っている言葉を言っていても聞き間違えられてしまい会話が成立しなくなってしまいます。

正しい発音の音源をCDや動画等で確認し、聞いても覚えられない場合は自分の耳で聞いた通りにカタカナで書いてみるようにしましょう。その方がただ聞くだけよりも覚えやすいかと思います。英語では日本語にあるような促音はほとんど使わないのでそこも気をつけたほうがいいです。

例えばストップ=スタアプ、カップル=カポゥルというように小さい「つ」は発音しない言葉が多いです。これも音源を聞いて正しい発音を覚えるだけでいいですが、その事を頭に入れて意識するだけで違ってくるので知っていると役に立ちます。

カタカナ英語や促音を意識する事で自分の英語を理解してもらえるのと同時に相手の言葉も少しずつ分かるようになってきます。本当に促音を言っていないのか確認しながら聞くのも結構楽しいので自然と会話も弾みます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加