これを使えば何とかなる

英会話ですので、日本語でも同様に瞬発的にやりとりが必要です。その上で、英会話初心者が得てして「瞬発的に言いたいことが出てこない」ケースに遭遇します。

しかし、実はこれは英語に限った話ではありません。「えっと」「その」「それはですね」「まー」「要するに」「そうですね」「そういえば」等、会話の本題に入る前に、一旦こういった単語を発生して、相手に応答し、その間時間稼ぎをしていることが多いです。試に上記の言葉を日々の会話から抜いて見ると、どれだけ日本語での会話が困難になるかを一度体験してみるとわかるものです。

そこで英会話でも同様の事が起きています。実は英会話初心者の方はこういった「応答ようの言葉」「まくら言葉」を全く使わず、いきなり本題に対して会話しようとしまうので、より難易度を上げることになった結果、パニックになってしまうという傾向があります。

そこで、おすすめしたいのは以下のフレーズです。「am…」「You know…」「OK…」「So…」「Well…」「I see…」「I got it…」。このよなフレーズを一度応答時に使用すると、頭の中でコンマ何秒かは整理する為の時間稼ぎが出来ます

そして、もとより準備が出来る前に話し出すと日本語でもそうですが、中身がぐちゃぐちゃになってしまいますので、上記のフレーズとは別に間を作っても良いと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加