挨拶から入ると成功する可能性が高くなる

英会話をするときには、どうしても挨拶の関係がうまくいかないケースが多くなり、これによって失敗することも多いです。相手の方に失礼なイメージを与えるわけには行かないので、挨拶だけをするのではなく、その後でしっかり調子を聞いておき、入りやすいように考えておくのが一番です。よくHow are you?などの表現が利用されていますが、最近はWhat’s up?が利用されることになります。

例として、What’s up guys?という言葉を使われたとき、自分がどのような返答すれば考えて生きます。今日は調子がいいと思っているなら、I’m doing great.と返答すればいいですし、ちょっと厳しいなと思っているときは、I a little painful.などのように返しておきます。どちらとも言えないときは、It usually.や、Nothing muchを利用することになります。That’s little by little.も利用できますが、他の表現を使ったほうがいいです。

挨拶は英会話を弾ませる大きな要素となっていますから、しっかり利用できるようにしておくことが大事なことです。失敗しないためには、どうしても難しい挨拶を楽に答えられるようにして、特にWhat’s up?については利用できるようにしてください。自分が答えたときは、相手についても色々気になることがあれば、自分もWhat’s up?と返すなどして、相手の調子を聞いてから会話に入ると楽になります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加