文法を考えるよりも自分の考えを伝える!

日本人は英語の読み書きは出来るのに、いざネイティブを前にしたら会話が出来ない人がほとんどです。そうなる理由の一つに、文法を意識しすぎて自分の考えをうまく伝えらないということが挙げられます。

ある程度の基本的な文法はもちろん必要ですが、英会話で求められるのは自分の意見です。自分はこう思う、というしっかりとした意見があれば、多少文法が間違っていようが問題はありません

かくいう私も、まだあまり英語が話せない時に同じ過ちを犯していました。その時にネイティブの友達から、文法なんて気にしなくていいから、自分の思った事を素直に話してごらん、と言われそれから英語を話すときはまず「I think…」から言うようにしました。

すると自然と頭も、自分の考えをストレートに伝えようという思いでいっぱいになり、スムーズに話が出来るようになっていきました。

考えてみたら、もし外国人の友達が日本語を一生懸命話してこようとした場合、私たちの側も一語一句文法を気にしてなんて聞いてきませんよね。むしろその人の考えを聞きたいと思います。

英会話も同じです。自分の持つ考えを、どうやったら相手に伝わるかなとシンプルに考えれば、おのずと会話も繋がっていきます。

肩の力を抜いて、リラックスして会話を楽しむように英語を話していけば、会話もどんどん弾んで行きます。最初から難しい話をする必要はありません。自分の得意な分野の話を、分かりやすくシンプルに伝えるようにしていけば、英会話力もぐんぐん上がっていきます。

文法をあれこれ考えるよりも、自分の考えを楽しく伝えるようにしてみて下さいね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加