英会話上達にはミスを恐れないことが重要!

確かに、失敗する可能性があることを避ければ、大きなミスを防げます。ですが、ミスを怖がることばかりしていると、そこからは建設的な結果は生まれないでしょう

英会話も同様です。私達日本人にとて、人前で文法のミスや間違ったフレーズを言うのは恐怖でしょうが、英会話ではそんな恐れは不要です。

と言いますのも、実際にネイティブ外国人と話せばわかるのですが、相手はこちらの文法ミスなど全く気にしてはいません。むしろ、正しい英語を話そうともじもじと黙っていることの方が不快に思うようです。それより、多少英文法が間違っていても、どんどん話した方がネイティブも嬉しいようですね。

一般的に我々日本人は、完璧主義の傾向が強いので、多少間違えてもいいや位にかまえて、リラックスした方がかえっていい結果を生むのではないでしょうか。いつも努力していて肩肘を張っている人ならなおさらのことでしょう。

打率は3割程度であればじゅうぶんです。そのうち4割、5割とアップしていくはず・・・。ミスは当然と思うくらい、アバウトになってみてはどうでしょうか?英会話の勉強は強制されるものではないので、もし間違えても正しい方法を覚えればいいのです。

勉強するのは誰でもなくあなたなのですから・・。英会話上達には練習が必要。当然、上達するまでに何度も失敗するのは当然でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加