英会話上達には英語耳を作ることが重要!

リスニング上達法に、トマティスメソッドを使った勉強法があります。日本人は一般的に英語が苦手だとされていますが、ヨーロッパにも英語が苦手な国民がいますよね。それはフランス人です。

どうして日本人とフランス人は英語が苦手なのかご存知でしょうか。実は共通点があります。日本語とフランス語は利用する周波手数帯域が低い言葉を多く使う傾向があるのです。そのいっぽうで、英語は高い周波帯域を多く使います。なので、そもそも日本人やフランス人は、高い周波帯域の音を聴き取れる環境にないのですね。

このことを発見したのがフランスの言語学者であるトマティス博士で、彼の名前から高い周波数の音を聴く訓練法によって英語などの言語を学習する方法のことを、トマティスメソッドと呼んでいます。つまり、英語を聴き取れる英語耳を作っていく方法です。

このトマティスメソッドのやり方とは、高周波部分を強調させた英文や音楽などを1時間程度聴きます。さらに、毎回、聴く前と後で、聴力検査をするのですが、後は確かに高周波を聴き取れるようになっているはずです。

ただし、通信講座や教材の販売は行っていないので、教室に実際に通ってトレーニングするだけしか方法がなく、不便かもしれません

いっぽうで、日本でも同様の原理を利用した教材が販売されているようです。それは、マジックリスニングという教材で、トマティスメソッドと同じような考えを考案した人が開発した教材です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加