英会話上達に重要なのはやる気と慣れってホント?!

英会話ができるようになたったらいいなあ・・さあ勉強しよう!と思うものの、数日も経つと全くやる気をなくしている自分に気が付くことって多くありませんか?それも1度や2度ではなく、何度も同じ失敗をしてしまっているはず。末期的症状になると自己嫌悪に陥ってしまい、とうとう何もやらなくなってしまうことも。ですが、これは当然のことなのです。

例えば次のような経験はありませんか?好きな英語の曲を何度も聞いているうち、最初は全く分からなかった英語の歌詞が一部分であっても聞きとれるようになったとか、英語のフレーズを覚えてしまったとか、知らず知らずの間に口ずさむようになっていた・・などです。

また、日本人同士であっても、初めて話す人と、付きあいの長い友人がいたとしたら、同じことを話す場合でも付きあいの長い友人の方が話しやすいはず。これは、その人の話し方の癖などを感覚的に覚えているからでしょう。

英会話の場合でも同じようなことが言えます。英会話スクールに通っている人なら。同じ会話の内容でもなんとなく分かりやすい外国人講師と、全く同じ英語なのに聞き取りにくい講師がいるのでは?それは、聞き慣れた音やフレーズは理解しやすく、まさに習うより慣れろということでしょう。

積極的に様々な英語に慣れることは大変重要なのです。
つまり、英会話上達にはやる気と慣れこそが重要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加