英語耳を育てたいならナチュラルスピードがオススメ!

普段日本人向けにアレンジされてしまった英語を聴いている人にとって、初めてネイティブのナチュラル英語に触れた時、その違いに驚くかもしれません。

例えば、単語のappleという単語です。この単語の発音は日本式の英語ではアップルですが、実際にネイティブの発音を聴くと全く違っています。アップルのプの音が人によって、ポに聴こえるかもしれませんね。

このように、英語をカタカナに当てはめるのにも無理がありますが、日本人向けにアレンジされた、分かりやすい英語というのは、実際の英会話でも役立たない可能性が高いのも当然でしょう。

さらに、単語の発音に加え、話すスピードにも驚くでしょう。現地のネイティブの人は、まるでマシンガンのようにどんどん話してくるはず。その際に、こちらの英語力は全く気にしてはいません。会話のスピードがとにかく尋常ではなく、早いの一言です。

ですが、英会話スクールでは日本人に合わせた英語を話してくれるネイティブ講師がいます。もちろん、聴き取りやすいですし、話しやすいので、いい・悪いは言えないのが実状でしょう。

ただし、こういった日本人向けの英語ばかりと触れていますと、いざ海外へ行った時、英語が全然聴き取れない!といった体験をする確率が高くなるかも。聞き取りやすいし、話しやすいので、一概によい・わるいは言えないのが難しいところです。

そこで、リスニングとはナチュラルスピードの英語の方が効果的などと言われる原因もじゅうぶん納得できるでしょう。日本人向けの優しい英語に慣れていて、後で聴き取りに苦労するより、はじめからナチュラルスピードで慣れておいた方が、長い目で見ると効果的だからでしょう。

日本人向けの英語を当然だと思っていると、後でショックを受けることにもなりかねません。そこで、はじめからこれ位の速さが自然なんだ・・と意識をしていれば、後は慣れの問題でしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加