過去形においての can, be able to の違い

可能を表す助動詞「can」は、「be able to」というフレーズで言い換えることができます。ただ、過去形にすると意味が変ってくるので注意が必要です。

  •   We can swim today because it is warm enough. (今日は暖かいので泳げます)
  • ×We could swim yesterday because it was warm enough. (×昨日は暖かったので泳げました)

ひとつ目の文章は現在形です。正しい文章です。ふたつ目の文章は過去形です。この文章は間違っています。「can」は、過去形の「could」になると、技術的な可能不可能のみを表します。そのため、スキルがあることにより何かが「可能だった」時にしか使えません。暖かいこととスキルは関係がないため、この場合は「be able to」を使う必要があります。

  • We were able to swim because it was warm enough.

「be abel to」の過去形は、スキルの有無に関係なく「できた」時に使えます。そのため「鍵を持っていたから入れた」など技術的なことに関係ない過去の状況を表す時に、「could」の代わりに使うことができます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加