「行く」を表すgo, come, takeのニュアンスの違い

comeやtakeは一般的に使う場合は「行く」とは別の意味で使われていますが、go、come、 takeはいずれも「行く」の意味でも使います。

goは、自分や他人が目的地に向かって行く時に使用される一般的な英単語です。現時点を起点として、別の場所へ目的を持っていく場合に主に使われます。

  • Today I went to school.(今日は私は学校に行きました)
  • Why do not you go with me?(貴方も私と一緒に行きませんか?)

comeは、現時点から相手のいる家などの場所に出かける時に使われます。2人の間で行く約束などを行った時に使われる事が多いです。

  • I will come to your house tomorrow.(明日貴方の家に行く予定です)

takeは、バスやタクシーなどの乗り物の手段を活用して目的地に向かう時に使われます。

  • I will take the train.(電車で行くつもりです)

「行く」を表すgo, come, takeのニュアンスの違いのまとめ

目的地に行く→ go
2人称の場面で相手の場所に行く→ come
乗り物に乗って行く→ take

「行く」の英単語を使う場合、相手の家などに行く行動などのやり取りを行っているかを把握したり、乗り物の手段を考えながら使用することが大切です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加