「教える」を表すteach, tell, showの違い

teach, tell, showは「教える」の意味で、人に対して知っている事などを伝える役割があり、様々な場面で英文の中で使われています。それぞれの英単語が、どのような状況の中で使われているのかを紹介します。

teachは、自分が様々な方法で身に付けた技術や経験を他人に教える場面で使われます。

  • I teach English in high school.(私は高校で英語を教えます)
  • My uncle teaches math to his son.(おじは息子に数学を教えます)

tellは、相手に対して情報を与えたり、自分の伝えたい内容を言葉で教える事が特徴です。

  • Please tell me the way to the nearest supermarket.(最寄りのスーパーマーケットへ行く道を教えてください)

showは、具体的な行動を伴いながら情報を知らせる場合に使われます。例えば、道を教える時に地図に書きながら教えてあげる行動もshowを使います。

  • Could you show me how to write a letter? (文字の書き方を教えてくれますか?)

「教える」を表すteach, tell, showの違いのまとめ

  • 技術・経験→teach
  • 内容を言葉で教える→tell
  • 行動で教える→show

人に対して言葉で教える時、技術や行動などの要素が入っているかどうかを確認すると、「教える」の単語は使いやすくなります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする