英語の発音が上手くなるための方法

日本の英語教育は、しっかりとした発音ができるようにはなっていません。したがって、間違った発音方法で覚えてしまっていることが大半です。間違ったままでは意味が通じなかったり違った言葉と勘違いされてしまうことが多いので、しっかりとした発音を覚えるようにすることが重要です。まず行わなければならないのは、個々の文字の正確な発音の方法です。単純にMの発音だけ取っても、正確に発音することは難しいです。日本人は「エム」とはっきり発音してしまいがちですが、正確には少しこもったような発音が正解です。個々のアルファベットの正確な発音を見直すことで、言葉の発音も正しくなります。

逆に言葉だけの発音を覚えてしまうと、同じ言い方で発音を違う言葉で引っかかってしまいます。例えばmouthとmouseですが、前者は口という意味で後者はねずみという意味です。同じ言い方ですが、アルファベットによって発音が全く違います。mouthのthの部分は、口の間から言葉をスッと出すように短く発音する必要があります。そしてmouseの方ですが、thよりもはっきりと発音しなければなりません。このような例からも分かるように、アルファベット単体の発音を覚えることが上手くなる第一歩です。アルファベットの発音を覚えてから、次は言葉の発音を行うようにして、最後に文章で連続して発音するようにしましょう。この方法なら、間違ったまま発音を覚えてしまうことがなく、発音が上手くなります。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加