インターネットだけではないLOLの存在

よく海外のチャットに入ると、LOLという言葉が使われています。これもネイティブが略したいから使っている言葉の1つとなっており、比較的高い頻度で利用されています。

LOL.Not a fool.という言葉は、正しい記載だとlaughing out loud.Not a fool.とうような感じになります。このLOLという単語に代えてしまっているのは、こんなに長い単語を言いたくないことに加えて、略すことが定番となったことで、私生活でもLOLが使われています。

LOLの後に何をつければいいのかちょっとわからないかもしれませんが、実際には何も付けなくてもいいですし、追加でNot a fool.のように付けても会話はできます。ネイティブは結構短縮して、面倒なものは削ってしまうことがあるので、一緒にいるときはこうした単語も使えるようにしてください。

ちなみにLOLは、Roar of laughterとは全く違うので気をつけてください。こちらの文章は爆笑を意味しますが、生活上だとLOLの方が正しいのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加