外人と一瞬にして友だちになり、毎週末のように一緒に遊びに行く方法

英語の勉強をしているけれども実践で使う機会がないと嘆いている方へ、外人とすぐに仲良くなる方法をお教えしたいと思います。普通の一般人(留学生のいる学生を除く)が外人と最短時間で仲良くなる方法は、ずばり「シェアハウスに住む」ことです。シェアハウスは今流行りのシェア(共有)するという文化の流れを組む、いわば共同住居みたいなものです。シェアハウスがゲストハウスと呼ばれることもあります。シェアハウスに来る外国人のほとんどは、日本人の友達を作りたがります。同じシェアハウスに住んで軽い日常会話を交わすだけで友人になれるのです。
首都圏や大都市にはたくさんのシェアハウスが乱立しており、外国人がたくさん住んでいます。短期間だけ日本に滞在するショートステイの方もいれば、1年以上日本にいる外国人の方もいます。彼ら外国人の国籍も様々です。アメリカ・ヨーロッパ系の外国人であればほとんど皆、英語を流暢に操ります。ですから彼らと会話する時は全て英語を介することになるのです。もちろん、日本語に興味を持っている外国人もいるので、たまに日本語を教えてあげると喜ばれます。
シェアハウスは部屋は個室でキッチンや風呂場だけ共有部分となっている物件が多く、普通に家を借りて住むよりも家賃が安くなっているところが多いので財布にも優しいというメリットがあります。異文化交流の場として、一度シェアハウスに住むことを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加