外国人が多い場所に出かけよう

私に場合、特にネイティブの友人を作ろうと思って出来た訳ではありませんが、ふとネイティブの友人が多い理由について考えてみましたのでご参考になればと思います。私の職場は六本木にあり、言わずと知れた外国人が多い街です。クラブや居酒屋に出かけると間違いなく外国人に遭遇します。お酒も手伝って気が大きくなると横にいる外国人に絡んだりしていました。彼らの大多数(経験上90%以上)はノリが良い為、ほほほぼ間違いなく嫌な顔せず一緒にお酒を楽しむことが多いです。そして、連絡先を交換してまた飲みに行く約束をします。大体がこのパターンで出会いました。その中でも仲良くなったネイティブの方がさらに友人を紹介して貰いながら、輪をどんどん広げていくようなスパイラルです。
確かに、隣に居る初対面の人間にいきなりアプローチするのには相応の勇気が必要ですが、覚えて頂きたいのは彼らの多くは非常に「陽気であること」です。また、彼らの中には仕事で日本に来ている人間も多く、日本には仕事以外の友人が少ないという現状も理解するべきかと思います。また、あるあるの誤解を補足すると別に英語が流暢に喋れる必要はありません。彼らも日本語を少しは喋れますのでお互い補完しあいながら一生懸命コミュニケーションを取ろうとする姿勢があれば問題ないかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする