英単語帳ランキング一覧

みんなから投稿してもらったこれまでに使ったことのある英単語帳を含む教材ランキングです。率直なクチコミ・評価を掲載しています。みんなからの口コミ・レビューを英単語帳ランキングBest5にまとめました!ぜひご覧ください。

日常会話レベルから更に上達したい人へのおすすめ英語教材

一般的な日常英会話の教材ではなく、少しレベルの高い英語の教材を探していたのが理由で、この教材を使いました。英語の試験を受けるために勉強していて、小論文の対策もしたかったので、カジュアルすぎない表現を学べる教材が最適だと思いました。英会話学校の先生に推薦されました。

リスニングと単語力アップのための英語教材3選

海外出張に行くときなどに英語をしゃべるのも大切だけれども、会話はまず聞くことからだということに気づいて、リスニングに力を入れるためにこの教材を選びました。そして単語を知らないと話にも付いていけないので、自分の知らないジャンルの英単語にも挑戦しました。

苦手な英語が得意になった英語参考書3選

大学に入学した当初、留学や海外旅行に興味があったものの英語力には不安があったので、地道に学習するしかないと思い、参考書や問題集での学習をしようと決めました。初めは大学生が受ける英語の試験としてメジャーなTOEICの学習を開始しましたが、思ったより順調に苦手を克服することができたので、さらに英語力を高めたいと思い、ライティングにも興味が移っていきました。

英語を本気で習得するために私が試した英語教材3選

学習塾の経営を予定しており、少しでも英語のレベルをアップさせようと思い、継続的に勉強していました。バイリンガルの友人からオススメの英語教材を紹介してもらい、試してみたのがこの3つです。英会話はやはりやっている感があるものの、その前提となるインプットが必要と強く感じました。

大学受験のために私がほぼ毎日使った古典的な英語教材3選

下記3つの英語教材を使った理由は、親の推薦があったからです。親が英語教師をしていたため、英語の教材を知り尽くしている親を信頼して、数ある教材の中から下記の教材を集中的に学習しました。 勉強した目的は大学受験のためで、全部で5校受験しましたが、いずれの受験校も英語は安定して高得点を取ることができました。もし親の推薦がなければ、たくさんある英語教材に振り回されていただろうと思います。

TOEIC900点突破に必要な英単語学習

TOEIC900点の壁をなかなか越えることができないと悩んでいたときに、同僚から英検1級の勉強を同時進行すれば簡単に越えられると聞き、両方のテストに応じたボキャブラリーを増やそうと始めたことがきっかけです。当時はフルタイムで働いていたので、いかに空き時間を有効活用でき且つ効果が出る教材を探したときに利用したのが下記の教材でした。

TOEIC900点越えのために私が実践して役立った英語教材3選

TOEICの受験を始めたきっかけは、就職活動のエントリーシートでTOEICの点数を記入する欄があったからです。外資系の証券会社・コンサルを受ける予定だった私は、どうしてもTOEIC900点以上を取りたいと考えていました。 そこで、最初はTOEICの攻略本を読み、周囲で900点を超えた人の話を聞き、厳選されたTOEIC対策の教材に取り組んでいきました。全部で30冊くらいはTOEIC対策の教材を購入してこなしましたが、本当にテスト本番で役立ったのは5冊くらいです。 最終的には就職面接前にTOEIC930点をマークすることができ、書類審査も全て突破することができたので、勉強の成果があったと感じています。

英語のやり直しの「とっかかり」として最適な教材

学生時代は英語が苦手だったのですが、勉強ではなくて趣味と割り切って勉強していくことで、英語を学んでいくということの面白さに気づかされた英語教材です。必要に迫られているわけでなくて、本格的に取り組む一歩手前の人にお薦めできると思います。

自然なスピーキング、英文法作成のための英語教材3選

いろいろな参考書を駆使して、英文法もだんだんと覚えてきて、本当に正しい英語、話せる英語を学びたくて、なるべく英語を英語で覚えるという回路を能動的に作っていきました。そのために利用したものがこれら三つの教材です。

勉強嫌いな私でも自信をもっておすすめできる英語教材3選

私は中学の時からほとんど勉強というものをしていませんでした。ハーフということもあり、それなのに英語が喋れないのがコンプレックスになっていきました。最初はいろんな参考書に手を出しましたが、自分に合うものが見つからず迷っていたところ、ネットでなるべくネイティブに近い自然な英語を学べる参考書に出会いました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告