TOEIC教材ランキング一覧

ユーザにこれまでに使ったことのあるTOEIC対策教材の中から3つ選んで比較してもらいました。率直なクチコミ・評価を掲載しています。

苦手な英語が得意になった英語参考書3選

大学に入学した当初、留学や海外旅行に興味があったものの英語力には不安があったので、地道に学習するしかないと思い、参考書や問題集での学習をしようと決めました。初めは大学生が受ける英語の試験としてメジャーなTOEICの学習を開始しましたが、思ったより順調に苦手を克服することができたので、さらに英語力を高めたいと思い、ライティングにも興味が移っていきました。

TOEIC900点突破に必要な英単語学習

TOEIC900点の壁をなかなか越えることができないと悩んでいたときに、同僚から英検1級の勉強を同時進行すれば簡単に越えられると聞き、両方のテストに応じたボキャブラリーを増やそうと始めたことがきっかけです。当時はフルタイムで働いていたので、いかに空き時間を有効活用でき且つ効果が出る教材を探したときに利用したのが下記の教材でした。

TOEIC900点越えのために私が実践して役立った英語教材3選

TOEICの受験を始めたきっかけは、就職活動のエントリーシートでTOEICの点数を記入する欄があったからです。外資系の証券会社・コンサルを受ける予定だった私は、どうしてもTOEIC900点以上を取りたいと考えていました。 そこで、最初はTOEICの攻略本を読み、周囲で900点を超えた人の話を聞き、厳選されたTOEIC対策の教材に取り組んでいきました。全部で30冊くらいはTOEIC対策の教材を購入してこなしましたが、本当にテスト本番で役立ったのは5冊くらいです。 最終的には就職面接前にTOEIC930点をマークすることができ、書類審査も全て突破することができたので、勉強の成果があったと感じています。

中級の壁を超えるための英語教材3選

大学生の時にTOEIC800点をどうしても超えられず、会話力にもリスニング力にも伸び悩んでいた時に、もうひとつ上のレベルの英語力を手に入れたいと、闇雲に何十もの教材に取り組みました。今回選んだ三つの教材は、その中でも特に力を付けるのに役立った、そして今でも時折取り組んでいるものばかりです。

基礎レベル以上からの単語熟語文法問題集

初めてのTOEIC受験に対して勉強を始めようとしましたが、対策の問題集や参考書は数多く巷に溢れていました。数多く手に取ったり評判を聞いたりして、単語、熟語、文法などを基礎レベル以上から習得しようと選んだ教材です。

英語上級者のためのリスニング力アップを目指せる教材

外国人と日常会話はできるものの、トピックがビジネスや社会問題など、より深いテーマになると苦労した経験があったことと、通訳案内士の一次試験が免除となるTOEIC840点と英検1級の資格を取得するために、苦手だったリスニング力をアップさせるべく学習し始めました。

TOEIC受験、中学英語からやり直したい方におすすめの教材

大学卒業までにTOEICスコアを伸ばしたいと思い、教材を探していました。インターネットのレビューや、本屋で実際に内容を確認して買うようにしていますが、学習しやすそうな内容だったため、下記の教材を選びました。中学英語の教材については、総復習という位置づけで購入しました。

TOEIC対策おすすめ最初の3冊

TOEICの受験を決意したものの、大学受験以降、完全に離れてしまった英語学習に何からどうやって取り組むかを迷い考えました。そのような心境の中、いろいろと見比べて試行錯誤して、何冊かの素晴らしい書籍に出会うことができました。

総合的なTOEIC点数アップに役立った最強教材3選

外資系企業への転職活動を行っている時に、TOEICの点数を短期間で上げる必要があり、少しでも効率良く点数アップに寄与してくれそうな教材を探していた時に、すでにTOEICで高得点を叩き出していた会社の先輩が、絶賛して強く勧めてくれたのがこの3冊でした。

英語を挫折した人におすすめする教材三選

私が使用してきた教材の中から、「英語は特に興味ないけど仕事上TOEICを取らなければならない」「得意か苦手かと言われれば苦手」っといったような、英語に対して少しネガティブなイメージを持っている人が読んだり見たりした時、これならやれる!と思えるような教材を選びました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告