英語学習教材ランキング一覧

仕事で英語が必要になりそうな人が、それに備えるための英語教材3選

仕事で英語でのプレゼンテーションが必要になる可能性が出てきたので、慌てて数冊のテキストを買い込んで対策をしました。プレゼンだけでなく、それによって仕事の幅も広がると考えたので、どうせやるなら早めにやろうと思いました。学習開始して1年後に実際にプレゼンテーションの場面があり、無事にやり遂げることができました。

学生時代に英語をサボった私が実践した英会話テキスト3選

通信系のITエンジニアをしており、海外出張や英語のドキュメントに目を通したりと、英語に触れる機会が色々とあります。ただ、英語については学生時代に結構サボっていたために、基礎レベルからあまり出来が良くなく、英文などはいつも翻訳ソフトのお世話になっています。いつまでもこの状況は良くないと思い、試行錯誤を重ねながら日々英語の勉強に励んでいるところです。

IT業界で英語が必要な中堅向け英語教材

私はIT系の会社に勤めていますが、昨今グローバル化が加速しており、対峙するクライアントやエンジニアには英語圏の方も多く、英語が欠かせないものとなりました。そのため、実践ですぐに使える教材を利用するとともに、過去に体得していた英文法や英語構文を再復習できる教材も併用したいと思い、下記の教材を選定しています。

楽しく英語を勉強するための英会話教材組み合わせ

「英会話エクスプレス」で英語の核となる部分を勉強して、「DUO 3 .0」で語彙と単語を増やし、「Bilingual Chika バイリンガール英会話」で、英語圏の友達ができた気持ちで親しんで勉強すると、楽しく、長く続いて勉強できるのではないかと思います。

正しい発音が身に付く!YouTubeで学ぶ英語学習動画3選!

洋楽を完璧な発音で歌えるようになりたい、映画を字幕なしで観たいといった単純な考えで始めました。発音が上達することや、英単語を覚えてリスニングのコツを学ぶことは、洋楽を歌えるようになるだけじゃなく、海外旅行に行ったときにも自分にプラスになると思います。

ボキャブラリーの基礎固めのために私が試した英語教材3選

いま大学3年生で、そろそろ就職活動を行わないといけません。就職希望として外資系も選択肢に入っているので、英語ができるようになっていたいと思いました。具体的には、TOEICで高得点を取って就活を有利に進めたいと思って、リスニングが強化できる教材を探していました。

英会話の現場で役立つ無料Youtube動画・チャンネル3選!食い入るように見てしまう動画も含まれてます。

参考書を買ってきては途中で諦め、というよくある失敗例を繰り返してきた私は、取り組み方が間違っているのでは?という考えに至りました。日本に在住し、海外の友人もいなかった私にとって、英語の勉強とは苦でしかありませんでした。なので、まずは興味を持つところから、楽しく学ぶことを優先して考えました。 そして参考書などで勉強しつつですが、下記三つの自分が興味のあるカテゴリをリスニングするという勉強方法に変えました。英語に興味を持つことを優先してからはモチベーションの維持が楽になり、英語習得の大きな力になったと感じています。

「受験英語」はもちろん「一生ものの英語力」への一手!

高校生の時の英語の教師がとてもおススメしていたので購入しました。小さいとき外国に住んだこともあって、英語は得意だったのですが、体系的に学んだわけではなく、日本の受験英語や学術英語は苦手でした。そこで一から出直そうという気持ちで、初歩的なところから教えてくれる教材を高校の教師に聞いたところ、これらのテキストを勧められました。

英語を学ぶのにお金をかける時代は終わった!オススメ教材3選

英語が話せるようになりたいという気持ちは中学生の頃から変わっていません。主婦になった今、特に英語が必要な場面は日常にはそれほどありませんが、どうしても諦めきれず、ずっと英会話教室に通っています。主婦なので、とにかくお金はかけられず、続けられる教室を探しました。楽しく通っています。 YouTubeは、いつでもどこでもちょっとした時間に見られます。おかげでTOEICも700点を超えるまでになりました。継続は力なり、続ければ成果は出ると思います。おそらく辞めたらできなくなる一方です。お金をかけずにできる方法はたくさんあります。まずはTOEICのスコアアップ、その先には仕事で使えるようになるかもと、小さな野望も抱いている2児の母であります。

聞けて、話せるようになるために私が選んだ英語教材3選

海外旅行に行くため、英語の音や話し方に耳から慣れようと思い、リスニングを始めました。三つのうち、TED SUBTITLEと6 minutes Englishを旅行前に使用していたのですが、帰国してから、聞くだけでなく、聞いたものを直感的に理解して口から英語の音として話す、という回路が全くできてないことを痛感したので、そのための教材を探し、音読パッケージを使いました。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告