jinseishugyo一覧

ネイティブに「うまい!」と言わせる英会話トレーニング法

英会話にもなれてきて、自分の言いたいことがある程度表現できるようになってくると、今度は自分の英語の無駄な表現が気になってきます。本当はもっと良いシンプルな言い方があるはずなのに、適切な表現がわからないので、「我ながら回りくどい説明だな」「これでいいのかな」「ネイティブはこんな言い方はしないだろう」と疑問がわいてきます。でも正しい言い方はまだよくわからないという段階です。 このように、ある程度自分の英語としての下地ができたあとに、無駄を無くし、すっきりとした英語にするにはどうすればいいのでしょうか?色々な方法がありますが、今回はアメリカンジョークで自分の英会話のシェイプアップをする方法を紹介します。

ネイティブとの英会話を盛り上げるのに役立つおすすめテーマ

ネイティブと会話をしたときに「会話が盛り上がらなかった」ということは結構あります。「言いたいことがうまくいえない」というジレンマに加えて、せっかく英会話を楽しもうとしているのに「会話が盛り上がらない」となってしまうと、「自分にはやっぱり英会話は向いていないのかな。やめようかな」とか、「お金払っちゃったし、支払った分は行くけど、その後はやめよう」と、どうしても後ろ向きに考えてしまいがちです。

英語は万能ではない!話せるようになったときに注意すべき落とし穴

「英語が話せると世界が広がる、だから会社では引く手あまたとなって社会的に大成功」 こんな話をどこかで聞いたことはありませんか?小学校も英語が必修化になったし、社用語を英語にしている企業も出てきた。これからの時代、国際的な人物になるためには「英語は必須」そんな雰囲気もあります。 しかし、単純に英語が話せると本当に引く手あまたとなって、仕事に困らないのでしょうか?実はここに落とし穴があります。

英会話をアニメで学ぶときに知っておきたいオススメ学習方法

一つの学習教材に飽きてきたら、「実用的なフレーズや英単語をもっと知りたい!」と思うことがあります。こんなときは、どうすればいいのでしょうか?実用的な表現を効率よく勉強する教材として、英語字幕のあるアニメのDVDがあります。 アニメというと一見子供っぽい印象を受けますが、アニメは簡単で実用的な会話が使われている上に、画像なので一目で状況が理解できます。そのため実用的なフレーズや英単語を状況とセットで、イメージとして覚えるのにすごく適した教材なのです。今回は、DVDを使って、英会話で応用するフレーズを覚える方法をご紹介します。

気乗りしないネイティブのお誘いを断りたい時に読んでください

ネイティブと仲良くなってくると、「お誘い」を受ける機会が増えてきます。食事の誘いであったり、カラオケの誘いであったり、遊びの誘いであったり・・・色々な誘いがあると思いますが、中には気乗りしないものもあります。 そんなときにうまく断れず、空気に流されて渋々ついていってしまうのが私たち日本人ですが、英会話においては、遊びの誘いを断るということは、私たちが思っているほど重いものではありません。そこで今回は「誘いを断る」ということについて、日本人とネイティブの違いを紹介します。

英単語が覚えられない(泣)とお悩みの方に送る究極の英単語暗記法

頑張って覚えたはずの単語やフレーズが、肝心なときに出てこない経験をしたことはありませんか?英会話やテストの時など、素早い反応が求められる場ですぐに出てこない。適当に勉強したものならまだしも、真面目に勉強した記憶はあるのに肝心の単語が出てこない・・・悔しいですよね。 楽に単語やフレーズが覚えられて、実地ですぐに出てくるようになる方法はあるのでしょうか?実は、単語やフレーズを自分なりに応用して記憶すれば、それができるようになります。今回は、その方法をご紹介します。

知らない英単語は辞書で調べなきゃいけないと思い込んでいませんか?

ネイティブと会話をしていると、全く知らないフレーズや単語に出会うことがあります。その度にネイティブに聞くのもひとつの手ですが、わからない単語やフレーズが出てくる度に会話を中断して質問するというのは中々気が引けるものです。 わからなかった単語やフレーズを、家に帰ってじっくり調べて「こういう意味だったのか」と納得するのもよいですが、英和辞書で調べたりせず、思い切って「手元にある情報からその場で推測する」方法を私は推奨しています。なぜなら、どんな英単語やフレーズであっても、日本語を介してしまったその時から、ネイティブの持つセンスが薄れてしまうからです。 辞書で調べないと、「意味がはっきりわからないと気持ち悪い」、「わからないことは白黒つけた方がいい。その方が次の英会話の役に立つ」と考えてしまいがちですが、実はこのもやもやとした「どんな意味だろう」という感覚こそが、ネイティブの持つセンスを理解する第一歩なのです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告