実用的な英語力を身につける音読学習

学生時代には試験などで大量の英語長文を読み解くことが求められますが、社会人になっても外資系や貿易など英語が必要な業界で働くならば、こうした英語のリーディング力は必須となります。日々更新される大量の社内文章や契約書などを読み解くためにはスピードと正確性が求められますが、英文を日本語に翻訳しながら読んでいては到底実務レベルでは使い物にならないと言えます。理想はネイティブのように英語をそのまま理解することですが、日本では大学でも文法や英文和訳と言った英語から日本語に訳して理解するという方法が一般的なので、中々英語を英語として理解出来る方は多くありません。
そこで近年再注目されているのが音読による英語学習です。英語の文章や短い会話文などを音読するという学習法は昔から行われていますが、英語を変換を経ずそのまま脳内で理解するためにはこうした音読を徹底することが必要になります。音読によって繰り返し英文を読み返すことによって、日本語に変換するという癖を無くし、英語を英語として理解出来る回路を形成することが可能です。しかし、こうした音読はスピーキングやリーディングに効果的だとよく知られるようになったので、学生や社会人の方もよく行うようになりましたが、気をつけるべきなのはしっかりと意味を理解した上で音読するということです。ただ闇雲に英単語を追いかけて音読するのではなく、事前に精読して意味を理解した文章を繰り返し音読することによって、滞り無くスムーズに英文が内容として頭に入るようになります。契約書やメールの処理など、英語を活かして働く上ではこうした実務レベルの英語処理が必須なので、ぜひ音読で早さと正確さを身につけて下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加