会社の英語公用語化を前提に選んだ教材3選

20150917 会社の英語公用語化を前提に選んだ教材3選会社の英語公用語化を意識して、早めの対策を取ろうと久々に英語の勉強を再開しました。家内が英語得意女子なので、利用してためになった教材を選択してもらいました。TOEICも意識していますが、まずは基礎を思い出し、学生時代のレベルに戻りたいと考えています。

【英語学習教材ランキング3位】新TOEIC TEST英文法・語法問題集

  • 購入金額:1400円
  • 総合評価:★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★

TOEIC TEST用教材ですが、やり直し英語の基礎固めとして利用しました。文法中心の教材で、TOEICのパート5,6の対策用となります。サブタイトルには900点を目指すとありますが、さほど難しくはありませんでした。

また、解答が別冊となっており使いやすいです。別冊には語彙チェックリストも付いており、やり直し英語の私にはもってこいの教材でした。さすが安河内先生の本なので、TOEICというよりは受験対策という感じで親しみを覚えました。この教材も繰り返し反復することで相当な力が付くように思います。

【英語学習教材ランキング2位】英会話ぜったい音読CDブック標準編

  • 購入金額:1200円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★
    ・サポートは充実していたか ★★★

やり直し英語にはもってこいの教材です。ただし、相当な覚悟が必要です。教材は中学教科書のもので簡単な内容です。ただ、これをただひたすら音読とCDによるヒアリング作業、筆写を繰り返さなければなりません。國弘先生の言われるとおり、只管朗読・只管筆写です。信じて継続すれば、かなりの力が付きます。

140ページほどの薄っぺらい本ですが、真剣にやると相当に疲れますし、継続するのは至難の業です。しかし、継続できたらその効果に驚くことになります。わずか1200円ですが、コスパ充分すぎる教材です。

【英語学習教材ランキング1位】大杉正明のCross-Cultural Seminar 2

  • 購入金額:1800円
  • 総合評価:★★★★★
  • 項目別評価
    ・内容は自分に合っていたか ★★★★★
    ・解説はわかりやすかったか ★★★★★
    ・学習は継続しやすかったか ★★★★★
    ・サポートは充実していたか ★★★

NHKラジオ英会話の大杉先生の英語教材です。この教材は、英語オタクである家内に薦められました。中身はとにかくボリュームがすごく、CD3枚付きでお得感があります。しかし、本当のお得感はその内容です。

ナチュラルな英語が延々と続き、ヒアリングにも大変役立ちますが、私はむしろスピーキング用の教材として位置付けています。大杉先生の相手役であるスーザンさんに追いついていけば、相当スピーキング力が付くと思います。内容が楽しいものばかりで、飽きずに継続できます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告
レクタングル大広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加